フタスジスズバチ

穴先月28日の朝、本堂正面の観音開きの扉を開けると、縁に小さな穴があいていました。

いや、穴は昔から、あいていたのかもしれません。

ただ、穴のまわりに、穴を掘ったかのような屑が、散乱していたのです。

こんな屑は、前日にはありませんでした。

そしてそんな屑が散乱していたから、穴に気がついたのでした。

一体、何の穴なんだろう?と、気になりました。

蜂次の日、本堂正面の縁に、蜂のような虫が、飛んでいました。

見ていると、昨日の穴の中に入っていき、そして出てきます。

どうやら、昨日の散乱した屑は、この虫のしわざだったようです。

よくよく見てみると、この虫は、幼虫を運んでいました。

幼虫が大きくなってきたから、引っ越した??

蜂

調べてみると、どうも、フタスジスズバチのようです。

既存の穴を使って、巣を作り、卵を産んで、エサとなる幼虫を入れて、フタをするとか。

穴の周りに散乱していた屑は、穴を掃除した跡だったのでしょう。

そして運んでいた幼虫は、卵から孵ったときのためのエサだったんですねぇ。

自分の子どもが孵る前から、エサとなる幼虫を運び入れておくとは……これが親心というものでしょうか。